Design Science: How Science Communicates
日本語版ホーム ソリューション ご購入(料金・ご注文) サポート リファレンス ダウンロード サイトライセンス Design Science
サポート » アドバイスを得る

アドバイスを得る方法

Design Science 社のMathType をご使用になられて、不明な点、あるいは困った点に関して、助言を得る方法を紹介します。

MathType オンラインヘルプ

ある特定のダイアログの使い方や役割がわからないという時は、そのダイアログ上にあるMathType の「ヘルプ」ボタンをクリックして、オンラインヘルプを起動させましょう。あるメニューコマンドの使い方や役割がわからないという時は、「ヘルプ」メニューから「ヘルプ目次」を選択して、オンラインヘルプを起動させましょう。さらに「索引」タブをクリックし、メニュー名を見つけます。メニューの説明をしているページに移動し、そのコマンドのセクションを見つけます。また、「検索」タブをクリックして、コマンドを検索することもできます。

お役立ち情報(テック・ラウンジ)

MathType のお役立ち情報は、MathType からより多くのものを引き出すための短めの助言集を用意した日本語のページです。新たな役立つ情報が芽生えた時点で、まずブログで発表しています。最新の情報をご覧になりたい、そして英語でも構わないと言う方は、Design Science 社のブログを購読されてはいかがでしょうか。

サポート技術情報を見る

過去に米国Design Science 社のサポート係が受け付けたMathType の技術的な質問と、それに対する同社の回答の記録から、共通の問題と解決法を見いだすこともできます。とはいえ、約30 年間のサポート記録の中から個々のユーザーが必要とする答えを見つけるのは容易ではないでしょう。まずはテクニカルサポート上位10 位の情報ページをご覧ください。そこに答えが見つからない場合は、技術情報ウィザードで特定の問題に基づいた答えを見つけてください。あるいは、同社のすべての技術情報の閲覧もできます。日本語版6.0〜6.8 の登録ユーザーの方は、MathType 6 テクニカルサポート情報ページをご利用いただけます。

MathType 対応ソフト情報

MathType は500 以上のアプリケーションやWeb サイトとの連携ワークを楽しむことができます。特定のアプリケーションやWeb サイトとの連携ワークに役立つ情報が得られます。

テクニカル・サポートに連絡する

MathType のヘルプでも、さらには技術情報にも記載されていない質問に関しては、英語版はDesign Science 社へ、日本語版は日本代理店の亘香通商株式会社のテクニカル・サポート・スタッフに電子メールで問い合わせてください。 電子メールは従来の電話によるサポートに比べ、時間帯の違い、(携帯電話やインターネット電話で頻繁におこる)相手の声が聞き取れないといった音信状況の善し悪し、回線の混雑といったトラブルを避けられる点で、最もお勧めする方法です。 電子メールでのお問い合わせの際も、電話の場合同様に必ずMathType のプロダクトキーをお知らせください。 まず商品のユーザー登録を済ませ、すぐにプロダクトキーをご返答できるよう準備をされてからお問い合わせください。 とりわけ電話によるサポートの場合、お客様のプロダクトキーと登録の照会に長い時間を要する傾向があります。
プロダクトキーを見つける方法については、ここをクリックしてください。 MathType 日本語版の電話サポートに関しては、専用ダイヤルにてご購入後90日間に限りご利用になれます。受付時間は月曜日〜金曜日(祝日を除く)、午前10 時から午後5 時までの間となります。 専用ダイヤル番号はお手持ちのパッケージもしくはライセンス情報書類をご参照ください。 またお持ちのMathType のプロダクトキーをお答えできるよう準備ができていて、コンピュータの前に座っているという状況にしてください。 現在(この記事の執筆時点で)、MathType 登録ユーザーのためのテクニカル・サポートは無償で行っておりますが、このサービスを存続させるためにも、直接お問い合わせされる前に、他の選択肢での解決法も検討くださいますようお願いいたします。

Copyright (C) 1996- Design Science. All rights reserved.
-冒頭に戻る-